2020.01.27

軽やかなダンスのように、流れる音楽のように

三つ子の魂百までといいます。

日々コーチングは進化しており、私のコーチングも変化してきました。
(良い方向へ変化した、と信じたい~)

それでも、私が立ち戻るコーチングのイメージは、20年前の体験に遡ります。

コーチングのトレーニングは、20年前から当時まだ一般的ではなかった、
アクティブラーニングの形をとっています。

私も、最低限トレーニングを経た後は、「コーチ」をし「コーチングスキルを教え」
「コーチを受ける」を同時進行で行っていました。

ある時、あるクラスを担当することになりました。

クラスのタイトルは、確か、「コーチングのスタンス」・・・みたいな感じ
(正確なタイトルは忘れました 苦笑)

とろこが、マニュアルを読んでも、クラスで何を伝え、何を学びのテーマにしたらいいのか、さっぱりわかりません。

コーチとは、
「正直である」
「相手を尊重する」
「常に相手への興味を持っている」
「自らフィードバックをもらう」
「率直に要望する」
「冗談を言う」

そんなキーワードが並んでいます。

先生と生徒、監督と選手、上司と部下でありがちな、
指示する側とされる側という関係性とは違うことはわかる。

でも、、、
具体的にどういうスタンスなの?
そもそもなぜ「スタンス」に、マニュアルのページがこんなに割かれているの??

新米コーチには、想像が及びませんでした。

そこで、ふと思い立ち、英語の原本のマニュアルを見せて頂きました。

英語版のマニュアルの目次の中に、
「コーチングのスタンス」の箇所を見つけた瞬間、ぱあっとイメージが広がりました。

色鮮やかに、躍動感溢れるイメージが。

そうか~!!
コーチングカンバセーションってこういう感じなんだ!!
こういう風に、相手と物語を創り出す事なんだ!! ← パリーん(捉え方が新しく生まれかわった音)

目次にかかれていた項目のタイトルは、「Lightning and Dancing」

軽やかに、ダンスを踊るように、相手をよく見て、息を合わせて、尊重し合いながら、
音楽に乗って、創り出したい姿を共に目指していく

このダンスは多分、二人で踊るワルツのようなイメージではないでしょうか。

コーチングを学び始めたリーダーの方々から、よくこんな質問を頂きます。
「どうしても沈黙が我慢できないんです。
相手が黙っていると不安になったり、じれったくなったりして、自分の話で間を埋めてしまいます・・・」

そんな時、これも英語マニュアルの中の一文を思い出します。

『音楽には、音符も大事な要素だが、休止符も大事な要素である。』

確かに、休止符を使わず、曲は作れません。
沈黙のないやりとりも、自由に発想を広げたり思考を深めたりする余裕などもてず、「対話」にはなりにくいですね。

Lightning and Dancing

そこには、信頼関係により支えられるパートナーシップが根底にあることがわかります。

部下の方と、1on1の時間を設けている方も多いのではないでしょうか。

部下との1on1の時間、軽やかなダンスになっていますか?
流れる音楽になっていますか?

今週も素敵な一週間を~🌸